MEN’S EX 6月号

MASACCIO / マサッチョ 素材No.A6310:ストレッチウール(41:GRAY)

MEN’S EX 6月号 P98より

ゴムウエスト x ドレス顔の楽パンツなら歩いても座ってもノンストレス!

座る、歩くといった動作の多い出張では、下半身の運動性がなにより快適さに直結する。イージー仕様のパンツは移動中のストレスがないうえ、そのまま営業先に向かえるドレス顔のものを選びたい。

ドローコードが隠せる技ありイージードレス・GIAB’S ARCHIVIO(ジャブス・アルキヴィオ)の「マサッチョ」

イージーパンツでもきちんと見せたいのならクリース入りが絶対条件。こちらは人気の細身モデル「マサッチョ」を、ウール98% ポリウレタン2%の微ストレッチ生地にて仕上げている。センタークリースは取れないように永久加工されており、翌日着る場合でも心配ご無用!

MASACCIO / マサッチョ 素材No.A6310:ストレッチウール(40:LIGHT GRAY)

MEN’S EX 6月号 P143より

一着あればクールビズも快適に乗り切れる!

M.E.:ライトウェイトジャケットとは、どのようなものですか?

中村:シャツジャケットやニットジャケットなど、裏地や副資材を極限まで省いた一枚仕立てジャケットのことです。ただ昨今は仕立てが進歩し、テーラードジャケットのようなシルエットになっています。

M.E.:なぜ今、注目なのでしょう。

中村:スタイル全体がクラシック&ドレス回帰している今、くだけたカジュアルスタイルであってもジャケットを羽織る人が増えています。つまりカジュアルも”きれいめ”が旬になっているということですね。

M.E.:着心地自体も軽いですね。

中村:軽くて涼しくて、たたんで鞄にもしまえるので、季節的にもクールビズに最適。ポロシャツ一枚では物足りないときに、カーディガン感覚で羽織れて大変便利ですよ。

旬のエクリュカラーのジャケットは同系色でまとめるのが今季的

「注目色であるエクリュのジャージジャケットは、ヴィンテージライクなストライプジレやコットンパンツなど、同系色でまとめて調和を図るのが今季的。さらにラウンドカラーのオックスフォードシャツと表革のアメリカンローファーで、きれいめのカジュアルに。」

【右】 VERDI / ヴェルディ 素材:A4CK1 イタリアンガムストレッチ(13:CAMEL)